チーフ R.A

INTERVIEW 
♯2 住宅展示場事業

住宅展示場事業部
チーフ
R.A
2015年中途入社

前職はリテール。
顧客視点のみならず、計数感覚も現職に活きています。

主な業務は、展示場の運営管理、広告催事の集客考案、出展メーカーへのコンサルティングの3つです。
前職では、某スポーツショップで働いていました。スポーツ量販店の店頭販売や店舗運営を通して学んだ、データ評価・分析や数字管理、マーケティングなどといった経験が、現在の仕事の根幹となっています。
異業種からの転身でしたので、入社当時は、自社展示場の運営や広告催事のサポート役として、責任者の元で業務を習得しました。

さまざまなデータを調査・分析し、クライアントの期待値を超えていく。
総合住宅展示場は、自分の想像よりも遥かに可能性を秘めたものでした。

住宅展示場関連の仕事というと、初めは正直、備品調整やイベント手伝いといったイメージを浮かべましたが、実際はマーケティングや企画の要素が大きく、当社が介在することで成約率アップへ繋がるよう、日々奔走しています。
分析内容を毎回アップグレードして各出展社へ持っていき、課題解決のサポートを行うことによって、クライアントとの信頼関係が生まれます。良い反応が得られ、「またお願いしたい」と言っていただけることがやりがいとなり、この仕事の醍醐味となっています。また、このような過程で得た情報や分析を元に、当社セールスプロモーション(SP)事業の提案メニューに連携させていくことができるのも強みであり、今後より一層鍛えたい部分です。

今までにない、前衛的な展示場開発を目指して。

今年4月に埼玉県川越市にオープンした展示場は今までに無い切り口の展示場です。コンセプトは“地域に密着した家づくり”。ファーストフードチェーン店とのコラボレーションによって集客効率化を図り、また出展社も大手ハウスメーカーではなく、地元の会社を中心として成り立っています。このような特色から認知度アップへ繋げていくことができれば、多方面に良い作用が及びます。
私はもともと開発にも興味があり、いずれは日本にまだない展示場を創りたい、というビジョンを抱いています。今回新しい展示場のオープンを経験してみて、自身としても別業態とコラボレーションをしてみたいという想いが湧いてきました。今後はこのようなビジネスモデルを展開させ、住宅展示場の可能性を広げていきたいですね。